アニメネタバレ&感想

ワンピースアニメ910話のネタバレ感想!光月おでんの死の秘密が明らかに?

ワンピース910話

ワンピースの11月17日放送は

【伝説の侍 ロジャーが惚れた男】
こちらのネタバレをお伝えしていきます!

錦えもんから語られる自分たち、そして光月おでんの真実。その驚愕の事実を考察していきます!

 

ワンピース910話のネタバレを紹介!

伝説の侍 ロジャーが惚れた男!

錦えもんはルフィたちに真相を語る。

町民に愛されたおでんの話に、興味津々のルフィたち。

おでんはオロチとカイドウの陰謀により処刑されたと知るのだった。

引用:ワンピース公式

錦えもんたちは20年前からやってきた。その事実にルフィたちは困惑する。

これから語るのは全て真実でござる!

かつてここにはおでん城という城があった。本当の名は九里城。光月おでんは破天荒で自由な人だったという。

暴力事件を何度も起こし、花の都を追い出されてしまった光月おでん。その後ワノ国の中でも凶悪な人間が集まる地域”九里”におでんは踏み込んだ。

そしてそこの悪党どもを退治して回り、悪党の棟梁とも大げんかを始めたのである。そして棟梁をも倒し悪党どもを束ねた。

その後悪党どもに働くことを覚えさせ、九里は活気ある里として復活した。そしてスキヤキ将軍より大名に認められるほどになったのだ。

 

しかしおでんにとって多くの家臣を抱える生活は苦痛だった。そんなおでんの口癖は

『窮屈でござる!』だった。

イヌアラシ公爵もかつての記憶に想いを馳せていた。

かつて海岸に流れ着き、人々に忌み嫌われる中助けてくれた光月おでんこそ主人であると。

しかしその後、カイドウとオロチは裏で手を組みおでんをハメたのだという。そしておでんは罪人となり処刑されてしまった。

 

今となっては20年前の出来事だが、錦えもんたちにとっては数ヶ月前の出来事なのだ。

当時処刑場から逃げ出した錦えもんたちはモモの助たちがいるおでん城へと急行する。しかし城にはすでに火の手が回っており、カイドウ一味との戦闘になった。

カイドウ一味を倒しモモの助、母のトキたちの元になんとかたどり着いた錦えもんたち。

城を出ようと提案する錦えもんにトキは

お逃げなさい。未来へ。』という。

トキトキの力で過去からやってきたのだと。

錦えもんたちは未来でいつの日か必ずオロチ、カイドウを倒し開国することを誓うのだった。

 

そしてトキの力によって現代のワノ国へとやってきたのだ。

そこで目にした自分たちの墓をみて、錦えもんたちは未来へとやってきたことを理解する。

錦えもんたちにとって20年後の世界は未知の世界。あまりに変わり果てたワノ国に共に戦うものなどいないと思われた。

しかし20年が経とうとも光月家の力になりたいという人々はいたのだ。




 

ワンピース【第910話】の考察

20年前といえば?

20年前といえば光月家がオロチたちによって滅ぼされた年ですね。錦えもんたちがそこからやってきたとするなら本人の意思とは関係なさそうな気がします。

錦えもんは光月家に仕える身。主人たちが死にそうになっている時に、そこから離れようとする家臣はいません。とくに錦えもんみたいなキャラならなおさら。

動くとすれば主人である光月家の人間に指示、あるいはお願いをされたとみて間違いないでしょうね。

今は勝てないがゆえ、20年後に仇を取ってほしいと。

どうやってやってきた?

とはいえときを超える術?なんて誰が使うのでしょうか?

今まで様々な悪魔の実がでてきましたが、時間操作系は未だいません。光月家の中にはそういった実、あるいは能力を持った人間がいた可能性が高いですね。

ただ謎なのは、時間移動できるなら重要人物とかじぶんも移動させちゃえばよかったと思うんですよね。

もしかしたら能力発動にはかなり厳しい条件、もしくはじぶんには使えないといったデメリットも存在するのではないかと思います。

ワンピース910話のまとめ

今回はワンピース第910話

【伝説の侍 ロジャーが惚れた男!】
のネタバレを紹介しました!

錦えもんたちの秘密、そして光月おでんの正体など次回も気になる内容てんこ盛りですね!

見逃さないようチェックしましょう!